神戸にもあるトリミングを行うペットショップ

犬も人間と同じように毛が伸びたり爪が伸びたりするのでお手入れが必要です。

基本的にトリミングで行う事はまずはブラッシングです。犬種によっては毛玉になりやすい場合もあるので日頃からブラッシングをして毛玉を作らないようにする事が大切です。

そしてシャンプー、トリートメントをします。水を嫌がる犬もいるので注意しながら行います。洗い残しがないようにすすぎを十分に行います。洗い終わったらドライヤーで乾かします。スリッカーやピンブラシといった道具を使って温風をあてながら乾かしていきます。生乾きのままですと皮膚病の原因にもなるのできをつけましょう。

次にカットをしていきます。犬種によって基本のカットの仕方が決まっていますがペットショップなどでトリミングを頼む場合希望があれば事前に伝えておくといいです。綺麗に仕上げたら爪切りと耳掃除をします。

爪は血管が通っているので一気に深く切るのは危険です。血管が見えている場合はギリギリまで、見えていない場合は切っていくと血管の始まりの断面が見えてくるのでそこまでを目安に切ります。

自分で行うのが不安な方はペットショップで頼むといいです。

神戸トリミングで探すと、該当するペットショップが出てくるはずです。

スモールハウスをセカンドハウスとして利用する

高村友也氏のベストセラー「スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方」でじわじわとブームになりつつある「スモールハウス」。
今人気の「狭小住宅」より更に極小の、畳6~8畳分の面積に建てるマイホームのことです。

高村氏によると、この極小マイホームはシンプルに生活することで本当の幸せを知ることができるとのこと。
しかしそうは言うものの、独り身ならまだしも、家族と住む人にとっては現実的ではないかもしれません。

ではこんなケースはどうでしょうか。
「通勤の都合上、都心に住んでいるけれど、週末にはゆっくりと自然に浸れる場所に行きたい。」
「場所を選ばない自営だから、閑静な環境で落ち着いて仕事がしたい。」
「隣近所に気兼ねなく音楽を楽しみたい、練習したい。」
「ホームシアターが欲しい。」
これらの願いをかなえる場所、そう、セカンドハウスとしてスモールハウスを利用する、という方法です。

セカンドハウスと聞くと贅沢な買い物に感じるかもしれませんが、スモールハウスならかなり安価に抑えることができます。
自宅を「増築する」「買いなおす」より、「買い足す」という考え方も、暮らしの幅を広げる良い手段になるかもしれません。